おすすめDHCのコンドロイチンサプリ

おすすめのコンドロイチンサプリ

腰痛や膝の痛みで悩まれている人はコンドロイチンが配合されているサプリメントを飲まれたことがあるのではないでしょうか。

コンドロイチンのサプリメントは沢山の種類がありますが、コンドロイチン以外にどのような成分が配合されているのかで実感できる効果にも差が出てきます。

おすすめのコンドロイチンサプリメントをご紹介します。

おすすめなのはDHCさんのコンドロイチンサプリメントです。

DHCさんのサプリメントは直営店だけでなくコンビニやドラッグストアでも購入できます。

毎日飲むものなので購入しやすいのは助かりますね。

またお値段も手ごろです。

コンドロイチン以外にII型コラーゲン、生ローヤルゼリーなども配合されています。

バランスを考えて成分を配合しているサプリメントです。

コンドロイチンサプリに効果はあるの?

よく、関節の痛みにコンドロイチン、広告やテレビのCMなどで目にしたことがあると思います。

さてコンドロイチンとは、どんな成分なのでしょうか。

ムコ多糖、プロテオグリカンというもので軟骨や、細胞間に多く含まれているそうです。

グルコサミンと同じアミノ糖と呼ばれるものだそうです。

わかりやすく言うと、細胞同士の潤滑剤として機能する成分のようです。

医薬品のコンドロイチンは、神経痛などの注射薬です。

飲用の処方薬は存在しません。

そもそもコンドロイチンは口から摂取すると分解されるので関節痛に効果はありません。

またコンドロイチン自体に神経痛に効果はないようです。

サプリメントととして販売されているものは、最も安全な第3類医薬品や健康食品の部類に入るようです。

一部に有効例があるようですが、一般的に神経痛、関節痛の治療効果ないようです。

コンドロイチンサプリに副作用はある?

膝関節痛に悩む年配の人やお年寄りを中心に高い人気を誇るコンドロイチンサプリ。

適切な摂取量を守っていれば長期間の服用でも全く問題は無く、じっくりとその効果を発揮してくれますが、気を付けなければならないのは過剰摂取による副作用。

効果がすぐに現れないからと、指定された用法を遥かに超える量を一気に服用すれば、予期せぬ副作用に見舞われるリスクが高まります。

具体的には吐き気や下痢、便秘、下腹部痛といった消化器系の症状がメインですが、酷いケースになると、下肢の浮腫や脱毛等が発生したケースが知られており、特に身体全体の機能が衰えたお年寄りは過剰摂取に十分注意すべきでしょう。

また他の医薬品との併用による相互作用により副作用が発生するリスクも生じますから、なるべく避ける事が肝要です。

コンドロイチンサプリを飲むタイミングはいつがいい?

コンドロイチンサプリを飲むタイミングは、食前がおすすめです。

食前に飲むことでコンドロイチンの成分がいきわたり、吸収率がアップします。

コンドロイチンサプリを飲むタイミングは、食前がおすすめです。

ただ、食前に飲むと、人によっては、胃腸に負担がかかる場合もあります。

胃腸が弱くて、胃腸に負担がかかるような場合は、食後に飲むようにしましょう。

また、コンドロイチンサプリを飲むときには、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

ジュースや、お茶、コーヒーなどと飲むと、コンドロイチンの成分の吸収を妨げてしまう恐れがあります。

しっかり効果を発揮させるためにもコンドロイチンサプリを飲むときには、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。